好きなことを、好きなように書いています

僕の切り取る世界

社会

意識の高まるプレゼンテーションポインター"SPOTLIGHT"のレビュー

投稿日:2017年9月16日 更新日:

ポインターってあるじゃないですか。プレゼンテーションのときに使う、スライドを先に進めたり、見てほしいところをレーザーで示したりするやつです。こういうのですね。

ポインターの分類

で、ここからもうガジェットオタクの世界なんですけど、ポインターは大きく①レーザータイプと、②ソフトウェアタイプの2つに分かれます。

①レーザータイプというのは上の写真のようなポインターで、レーザー光で見てほしい部分を指し示すタイプのポインターです。いわゆるレーザーポインターですね。レーザー光は赤色のものが多いですが、高級品になると緑色のレーザーを出すタイプのものもあります。

緑色の方が見えやすい(かつ、色覚障害者にも見える)ので、こっちの方がハイスペックです。電池の減りが激しいというデメリットもあるのですが。

ただ、赤にしても緑にしても、レーザーポインターには欠点が一つあって、ディスプレイ(液晶モニター)に映すプレゼンに使えないのです。プロジェクターの場合は大丈夫なのですが、ディスプレイの場合はレーザー光が画面に吸い込まれてしまって見えません。また、うっかり人の方にむけてレーザーを出してしまうとシャレにならないというリスクもあります。

そのあたりの欠点を克服したのが②ソフトウェアタイプのポインターで、こちらはパソコンの画面上にポイント(●や→)を出力することで、見てほしい部分を指し示すタイプのポインターです。「レーザーポインター」のように普及している名称はないのですが、ざっと調べた感じでは「プレゼンテーションポインター」という名称が多いようです。とりあえずこのブログでもそれでいきましょう。

プレゼンテーションポインターなら、ディスプレイにも使えます。物理的なレーザー光を当てているわけではなく、パソコンの画面そのものが変化しているからです。また、遠隔地と画面を共有しているときにも使える、人にレーザー光を当ててしまう心配がない、といったメリットもあります。

で、僕の大好きなロジクールが、プレゼンテーションポインターを半年くらい前に発売していたことに気づきました。これです。

なんかもう、この時点で意識の高まりを感じます。僕はロジクールのマウスを3つ持っているほどのロジクールファンですが、ロジクールっていうと黒基調でマットな感じのイメージしかありません。それが、この金ピカでシンプルなデザイン。一体何があったんだ。

で、丁度これからディスプレイを使ったプレゼンが増えそうだったこともあり、早速ポチっちゃいました。ではでは、レビューを始めたいと思います。

商品パッケージ

まず、とどいた商品はこんな感じ。

すっきりしてていいですね。早速開けてみましょう!

パッケージからユーザーの意識を高めにきてますね。

というか、我われはこのパッケージングを知っている! いや、このシンプルなデザインと高級感によるブランディングを知っている! てゆーか、アイフォ(銃声)

いやー、すごくいい、すごくいいよ! この余分なものを削ぎ落とした感じ。禅の精神を感じます。禅と言えばどこかの会社の創業者が禅にハマっていた(銃声) 

中身

パッケージはこの辺にして、中身をチェックしてみましょう。こんな感じです。

本体と、充電用ケーブルと、受信用のUSBドングル(Bluetoothでも繋げます)、ケースの4つですね。非常にシンプル。

最初に充電する必要があるのですが、あっという間に充電できてビックリしました。製品情報によると、1分充電すれば3時間使えるそうです。つまり、パソコンさえあれば電池切れの心配はないってことです。

ポインターってプレゼンのマストアイテムなので、電池がなくなったらシャレにならないじゃないですか。まあ予備の電池をちゃんと用意すればいい話なんですが、そういう心配をしなくてもいいのは嬉しいですよね。

使った感じ

では、そろそろ使ってみましょう。こんな感じになりました。

これはすごい……

これはもう、プレゼンテーション新時代の幕開けですよ。レーザーポインターなんか使ってる場合じゃない。

しかし、SPOTLIGHTの本領はこんなところには留まらないのです。見せてみろ、お前の本当の力を!

ズーム・イン!

もうね、僕の意識が成層圏の彼方へと突き抜けていきましたね。すごい、すごすぎるよSPOTLIGHT。これで僕もTEDデビューができる。本当にありがとうございました。

欠点

ただ、良いことばかりではなくて、欠点もありました。実は僕ってば、「一般人はTEDみたいなプレゼンはやらないんだから、スティーブ・ジョブズの真似なんかしてもしょうがないだろ」って本を書いちゃってる人なんですよね。 良かったら読んでください(営業)。

で、そういう人からすると、このポインターには最も必要な機能が抜けています。それは、画面を暗転させずに、小さなポイント(赤や緑の●)で指し示す機能です。要するに、普通のレーザーポインターでできることができない。ここはちょっと苦しいと思いました。毎回どこかを指し示すたびに画面が暗転するのは、ちょっとしんどいんですよね。

ただ、この点はドライバーのアップデートで対応できる部分だと思うので、これから対応されていくんじゃないかと思います。

それ以外は、素晴らしい製品だと思います。プレゼンって画面に動きがないとどうしても退屈になりがちなものだと思うので、ときに暗転したりズームしたりできるのは本当にナイスです。ということで、総合評価は★4とさせて頂きます。ドライバーがアップデートされて普通のポインタが表示できるようになれば、文句なしの★5です。

(2017年10月16日追記)先日のドライバーアップデートで対応され、小さなポイントを好きな色で表示できるようになりました。ということで、文句なしの★5です。最高!

というわけで、以上、SPOTLIGHTのレビューでした。ロジクールさん、久しぶりにこんなにワクワクするガジェットをありがとうございました! 次は是非、左手用のマウスの開発をお願いします(右手だけでマウス使ってると腱鞘炎になるので)! 出たら3つくらい買います!

余談

ちなみに、プレゼンテーションポインターで小さなポイントが表示できる製品も既に存在しています。こちら↓です。

実際、僕はこのエアビームを2年くらい使っていたのですが、あるときからMac OSのアップデートに対応してくれなくなり、現在はお蔵入りとなりました。Windowsの人はこっちを検討してみてもいいかもしれません。

参考リンク

presenmaster.com

-社会

Copyright© 僕の切り取る世界 , 2018 All Rights Reserved.